Herbal Medicine 漢方薬(中医方剤)

アジア諸国では一般的な病院でも処方されている漢方薬。
治療効果の高さと副作用の少なさで
近年国際的にも注目を浴びるようになってきました。
漢方処方

西洋医学では、症状を押さえるために薬を処方します。
対照的に、東洋医学では、症状を改善するだけではなく、
体の自然治癒力を活性させることも目的として漢方薬を処方します。

ひとくちに漢方薬といっても様々な用法があります。
内服薬としてはカプセル、錠剤、丸剤、散剤、煎じ薬、
外用薬としては軟膏、ローション、湿布、洗浄液などがあります。

漢方薬は様々なお店で手に入れることができるようになりました。
しかし、一口に漢方と言っても、体質や症状により処方される内容も異なります。
安全のためにも、漢方薬療法を始める前に鍼灸師に相談されることを
強くお薦めします。
まずは、鍼灸クリニックでお気軽にご相談ください。
posted by yybalance at 07:12 | もっと知りたい!中医学のこと
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。